にじゆらら

空を見上げて大きく深呼吸。頑張りすぎずに自分らしくまったりと。

さをり織り 初体験!  



興味があった
さをり織り体験
にひとりで行ってきました。

縦糸は既にセットされていて
あとは好きな色の横糸を
織っていくだけ。

スッと糸を通して足を踏み変え
前からの板を手前に持ってきて
トントン!

ぼーっとしてると
どっちの足だっけ?
えっと 今はどうするんだっけ?
になります。

でも コツやそうなる意味が分かれば
オッケー!

1時間少しで48×60㎝ 織りました。

これはまだ未処理のまま。
これから何にしようかな?
と思いながら未だ未処理のまま。汗




下の方に二重の濃い色の部分があるのですが
これは間違ったらどうなるかな?
という質問に先生が答えてくださった答え。

間違っても それはそれなりに模様に
なりますよ!

でした。

ウツワ × ショクブツ  



ウツワ × ショクブツ
由上恒美&niwa q

もう開催時期は終わってますが
今更ながら
DMをお願いしてしまいました。

とっても行きたかったけれど
私の中の諸事情により
足を運ぶ事ができませんでした。

Instagramから その様子を
拝見するたびに

あー行きたかったよー

という思いが募り
せめて 記念にDMを、、と
無茶なお願いをしたのです。

快くコメントまで書いて
送って下さった由上恒美さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。

となりの苔は
最初のものとは違うけれど
2010年に購入した
枯山水庭園を彷彿させる
WAKABAYASHIさんの作品。

そこに乗っかってる
カエルさんは
娘からのおみやげ。

51cafe  



2度目の51cafeさん。




ある仲間の1人と行きました。



今回、わたしは人気のチキン南蛮プレート。




こちらは じゃこの柚子あんかけオムライス。



小窓にチーフの使い方 参考になります。




母の沈丁花  



結果的には
母に最後にもらった沈丁花も
高さ1メートルほどになり
今年は満開になり
良い香りを漂わせています。



滅多におやつを食べないわたしが
ビヤードパパのシュークリームを
いただきました。

春うらら  


春のような陽気に誘われて
植物たちが目覚めてます。

オオイヌノフグリがたーくさん。
いつ見ても可愛い。

つくしたちも顔を出してます。

梅の花が満開に。
自宅にこれだけの梅があるお宅って
すてきですね!

鴨たちが気持ちよく泳いでました。
わかりにくいですが、、笑

古代米すいらん  



尾賀商店さんの中にある
すいらんさんでは
何度か食事をしていますが
今回は ハムサンドをお願いしました。



初ハムサンド。
想像していたのとは違って
ハムバーガー?笑
野菜たっぷりで美味しかったです。

写っているのがお兄さんでお料理を
作ってくださる方です。

ハンコと書 江湖庵  



写真は
尾賀商店さんの中にある
江湖庵(斎藤明印館)さんです。

尾賀商店が出来てからずっと通ってますが
初めてお話が出来ました。
き、緊張ーー!!
甘いマスクにいい声で接してくださいました。

写真を撮るときも
僕はこうしているから こう撮ったらいいよ!
なんてアドバイスを下さったり。

江湖庵さんが作成されてるハンコノート
なるもの(もう80冊になるそうです)を
見せていただきましたが
印鑑に対する概念が吹っ飛びました。
デザインとフォントが豊富で
とっても素敵!
私も欲しくなりましたー。

加賀雅之 加藤祥孝 二人展  



加賀雅之 加藤祥孝 二人展も
後半に入り 焦って
行ってきました。



こちら 受注製作となりますお盆(彫りあり)
です。かなりしっかりしていて一生ものになる
こと間違いなしのイッピンです。

この上に並べられている輪花の豆皿の
鉄釉のものをお持ち帰りしました。



右下にある一輪挿しが人気だとか!
なかに小さな試験管が入ってます。
ドライフラワーを一輪、、がオススメ
だそうです。




savi no niwa

星乃珈琲とa.dépêche   


スンドゥブのあと窯焼きスフレを頂くため
星乃珈琲さんへ移動。

こちら別添えのソースをかけたところ。
スーッとしぼんで私にも食べきれる大きさに。

その後 この場所にある
a.dépêcheさんへ。
いろんな雑貨を見て 植物を見て
ほっこりしてきました。

⬆️買った観葉植物

分かりにくいけれど この場所にねこちゃんが
居ましたよ。

石釜ごはんとスンドゥブのHANA-HANA  



どこに行くかも決めずに出かけて
飛び込んだお店。

スンドゥブ専門店。

今回は牡蠣のスンドゥブ。
中に隠れてました。
辛さは3辛にしましたが
次回は大辛でいけそうです!





「石釜ごはんとスンドゥブのHANA-HANA」

Profile

ダニエル

Links

Comments

にじゆらら

Pull down list